タイトルの通りでございます。そのうちこちらに更新が戻るとは思う。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はメインアタッカーとして僧兵をする際の徒党構成などについて。




さて、ここ最近ワタスの中で1つの結論が出ているので、それについて記載していきます。

僧兵メインアタッカーとして入る際、理想は盾2(一人は確実に盾侍)沈サポ2、もしくは盾3(二人は確実に盾侍)サポ1であるとオモワレル。

何故か?武芸との一番の大きな差は現状では看破の差。攻撃580↑ならば気合撃・四である程度は準備は止まるわけで。(結界や気合多量の敵を除く)
また、メインアタッカーをはる際は準備止めなどは割り切ってスルーして、目標を最速で落とすことが大事でもありますしね。(吹雪などがきてて自分しかいなければもちろん止めに回りますが)

そして僧兵アタッカーの大きな特徴の1つでもある気合削り。これでガス欠させながら落とすことによって倒す目標の敵の行動を封じ込みながら攻撃。そう、受け身の戦闘は向いてないんです。

ということは、沈2で押さえ込んで勝つ。これに尽きます。盾3(盾侍2)というのは、看破枚数と準備止めを増やすためですね。

どうしてもヤバイ時の武芸はみね待機などでその場しのぎをしますが、僧兵のその場しのぎは不動慈教を鍛冶や武士に入れることでしょうか。生命吸収を切らさずに次のターンで自己解決してしまうのがいいところです。

ちなみに武器に意気消沈の薬ぬっとくといいデス。まさにガス欠アタッカー。堅い敵にもダメ2800~3000でるし(攻撃600程度)、命中精度もかなり高い。そして気合削り。僧兵不遇とダレガイッタ?


上杉の脳筋アタッ鍛冶さんが売りに出してる棍棒、非常にひかれます。でも阿修羅を捨てきれないワタスは、槍で頑張ることにシマシタ。棍棒にすれば攻撃650は普通にいけマスネ。破鎧術つけて棍棒もありかなーとは思いますが。攻撃力で武芸に並べば、僧兵の方が内容的に上だとワタスは思ってイマス。


参考までに、攻撃630で僧兵連撃がダメ3000~3300ってとこです。気合撃・四のダメは未確認。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://souhei.blog85.fc2.com/tb.php/39-9d365581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。